Word Pressでブログを作る⑴〜独自ドメインvs無料ブログ


さて、何かしないとだめだと思ってから、色々な構想が頭に浮かびました。構想というよりも、試行錯誤です。とにかく今の私の問題は、時間がなくてやる事ばかり、この生活でいいんだろうかということです。ネットをみていると、自分の興味や生活について綴ったブログに目がとまります。その中に、『アフィリエイトで稼ぐ主婦』の体験談がいくつもあることに気づきました。そもそも、アフィリエイトとはなんだ?というレベルですが、これで教育費も捻出しているという方もいるようで、なんだか興味が湧いてきました。

 

そこで、やっとネットの広告のことかーとわかり始め、クリックしてもらうだけで、お金が入る?月10万?と惹きつけられました。とりあえず、やってみようと思い、まずはブログの作り方を調べることに。

 

そもそも目的のアフィリエイトができるのかというところで、アメブロなどできないブログもあることを知りました。どこか、大きな無料のブログが読んでもらえる機会もありそうでよいけれど、アフィリエイトができないと、、と思って調べてfc2(http://fc2.com)という無料ブログがなんだか簡単そう

と、心を決めかけていたその時、、、

またlive doorブログでfc2からの移管の方法について詳しく説明していました。どうやら、fc2の不祥事で無料ブログが使えなくなるのでは、というユーザーの危惧があったようなのです。そこではたと気づきましたが、そういった無料ブログは運命が親会社に影響されて、一瞬でふっとぶ可能性があるということでした。

なるほど、無料ということは、責任を負わないということです。年月をかけて頑張ってもすぐに吹っ飛ばされるとその膨大な時間が無駄になるということ。初心者であるがゆえに、簡単なほうを選ぼうとしていましたが、これはいけない、なんとか頑張ろうと思いました。それで見つけたサイトがホワイトハットジャパンです。

このサイトを読みながらブログを作れば、なんとか自分のしたいことができるかな、と道標を見つけた気がしました。このサイトの中でもやはり、独自ドメインでサイトを作るのがいいということが繰り返しかかれていたので、今度は、独自ドメインをどうやって取得するかを調べ始めました。(ほんとに初心者なので)

 

先ほどのホワイトハットジャパンのブログの中にも、どうやって独自ドメインをとればいいのか書いてありました。一回クリックしたら何度も画面に現れるようになってしまった、お名前.comですが、一応ここで問題ないと確認してドメイン取得の手続きに入りました。

驚いたことに、馴染み深い.com .net .ne.jpと色々ありますが、日本語でもいいし、それ以外の.xyzとか.okinawaとか見た事のないような名前がありました。その中で、.tokyoがセール中○時まで、とあったので、つられるようにドメイン名を買ってしまいました。これは将来会社を作った時に使おうと思っています。私が買ったもう一つのドメインがpart-time-mama.winです。後ろはなんでもよかったのですが、comとか、ne.jpというのは結構維持費がかかるんですね。たまたまこれもセールで初年度が安かった.winで勝ち組?を意識して選びました。縁起担ぎです。(パートタイムというだけで、なんだか社会のシステムにうまく乗れてないような気がするのは私だけでしょうか)

このサイトで、まず自分が独自ドメインにつけたい名前を探します。私は、パートタイムママという名前でいこうと思ったので、part-time-mamaと打ち込んでみると、この後ろにつけられるドメイン名がお値段ごとに出てきます。結構幅があります。趣味のブログなので、意味も考えて、このあとを.winにしました。

電車の宣伝で読みましたが、co.jpがついている会社は信頼できる、とかこのドメイン名で見た人が心理的に何か感じるのは、面白いと思います。.comはメジャーですよね。Google検索に少しでもひっかかりやすくなればと思って、意識するのがよいと参考にしているサイトにも書いてありました。

このあとお会計に進むのですが、私は一つミスしました!ドメインの登録者情報(Whois情報)のところを、何もつけずにスルーしましたが、後から読むとこれを自分の名前にしておくと、自分の個人情報がドメインの所有者として公になるということでした。そ、それはどうなのかと思い、次のお会計でこれをお願いしました。最初にドメイン名を作るときにWhois情報代行にチェックしておけば無料サービスだったのに、痛い失敗です。(;_;)でも1日遅れだったので、公になっていないということで、よしとしましょう。初心者ですから。

というわけで、無事に独自ドメインを取得できました。次は、レンタルサーバーをどうしたかについて書きます。ブログを世に出すまでまだまだ先は長いです。

 

 

 

 

Please Enter Your Facebook App ID. Required for FB Comments. Click here for FB Comments Settings page

This Post Has Been Viewed 18 Times

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です