映画「みんなの学校」見てきました

映画『みんなの学校』見てきました!

 

発達障害の子供もそうでない子供も一緒の教室で学ぶ大空小学校。

そこには、教室にいられない子、いつも遅刻する子、すぐに暴力を振るってしまう子、色々な支援を必要とする子供たちがいます。その子ども達に接する、クラスメイト・教職員・保護者・地域の人。学校生活を通して成長をしていく姿を映し出しています。ぜひご覧ください!

 

ここからは、映画の感想です。ネタバレになってしまうかもしれませんので、できれば映画を見てからお読みください。

 

⒈見ててしんどい。

映画を見てくださいと言っておきながら、しんどい!?じゃあ勧めるな!という感じですが、、、(笑)なぜしんどいかというと、映画の中身が、割と我が家の日常でもあるからなんです。漢字がわからないと、パニックになって床に転がる子。。。これ、あるある。お母さんが学校に一緒に付き添って行くシーン。行かないと座り込んだり、ランドセルだけ学校にあって、本人が学校にいないシーン。私の中のこの前あった記憶が呼び起こされて、すごく疲れるんです。

 

でも、そんな子たちが成長している姿を見るのは、私も子どもが少し進歩したときの嬉しさを見るのと同じように嬉しかったです。

 

2.「周りから見ると『困った子』が一番困っている」のはなぜか

学校という場にいると同じ活動を同じペースでしていかないといけません。これが、発達障害と言われる子どもたちは苦痛なのです。その活動についていけない子は次第に興味がなくなり教室内外で違うことを始めます。それは、ときに教室の集中力ややる気を削ぎます。

でも、そもそもその活動についていけるようにフォローしたらどうでしょう。あるいはその子なりのレベルに活動を合わせる。しかしこれにはマンパワーがまず必要です。それと、根気強い丁寧な指導が必要です。だから、公には難しいわけです。

 

3.大空小学校の取り組み

この大空小学校の強みは限られたマンパワーの上に、理念に共感した地域の人や保護者の協力・見守りがあります。これによって丁寧な個々にあった指導をしていくうちに、いい循環となって回り始めるのです。

保護者が最初は自分の子しか見ていなくても、それから同じクラス、学年、学校と目を向け始めます。みんなで作るみんなの学校。まさにそのスローガンがいうとおり、みんなが関心をもって学校をつくっているのがよく伝わってきます。

『困った子』は学校に安心して通えない・信頼できる人がいないということが根本にあるようです。それは、今までの学校が『手に追えない子』というレッテルを貼って、クラスから離すことで決定付けをしてしまいます。誰も手をさしのべてくれない学校だったら、行きたくないに決まっています。

そこで大空小学校では、学校は安心できる居場所ということをわかってもらうようにまず仕向けます。また校長先生をはじめ、教職員が情報を共有し、一体となって支援を必要とする子どもと向き合います。

転校してくる子どもは、最初学校から逃げようとしたり、クラスの友達のいい雰囲気にすぐ馴染んだり、色々です。でも、友達との関係の中では、ささいなことで昔のように傷つけられることもあり、すぐに心を閉ざしてしまう危険性もあります。だから、大空小学校の約束は、『自分がされて嫌なことをしない・言わない』です。この約束を破ると、校長室にいって『やり直し』をしないといけません。どうしていけなかったのか、相手はどう思ったか、どうすればよかったのかを校長先生と静かに振り返ります。このやり直しを重ねることで、子供達は学んでいきます。

もちろんすぐに変われることもありますが、なかなか変われないところもあります。でも、それぞれが自分の課題にどれくらい真摯に取り組んだかというところも校長先生や教職員は見てくれています。これは、簡単なようで実はとても難しいことです。

多くの場合、他との相対評価で子どもを見てしまいます。しかしそれは子どもを伸ばすことにはなりません。その子どもが、学校生活を通してどのくらい伸びたかが大事なのです。そして、それはその子どもの自信につながり、自己肯定感、自分はいてもいいんだ。自分は大事なんだという感情に結びつくと思います。相対評価で成長できるのは、評価が上の子どもだけです。子どもそれぞれがどのくらい伸びたかという目線はとても大切です。それを評価することで子どもは自分の居場所を見つけることができます。

支援を必要とする子供達にとっては、同じ年の子どもたちとクラスで学んだり関わることは成長を促す意味で大切です。多くの場合は隔離してしまい学びの場がもてません。しかし、大空小学校の子供達はその機会が与えられています。そして『やり直し』もできます。子ども時代にその経験ができれば、大人になってもまれるであろう一般社会の疑似体験ができます。子どものうちに経験できるほど、修正がききます。実際、映画の中で子供達は確実に変わっていきます。本来子どもが持っている素直な、まっすぐな気持ちが出てきます。

その成長を目の当たりにした時、感動します。普段の生活はとてつもなく疲れる、というか丁寧な対応が必要な彼らですが、それを積み重ねていくことで、まさに『点が線』になるわけです。毎日の積み重ねで『線』になるとき、大空小学校での経験が生かされ、さらにつながっていきます。

小学校という、心の柔らかい大切な時期で、成功体験や修正体験を積み重ねるとそれが自信につながると思うのです。まさにこの大切な時期をどう過ごさせるか、親がその子どもの将来がかかった選択をするかどうかということも重大な決断だろうと思います。現時点では大空小学校のような学校はまわりにはないですし。

 

剣道なんとか続けています。

息子のほうは、剣道を最近はじめました。

これは学校で、すぐに手がでてしまう友達がまわりにいる関係です。
本人が泣きながら話してくるので、

どう考えても自分の身を自分で守るしかない!
と教えて、なんとか武術系に行かせようと思いました。

空手は何度も色々なところに体験にいかせました。
そのときは楽しそうなのですが、
実際に、入る?と聞くと返事なし。。。

柔道はちょっと怪我がこわいなと。
(空手だって怪我すると思うんですが、、なんとなくです)

それで、うちから行ける範囲の武術は剣道でした。
合気道もいいと思ったんですけど、
うちから行ける範囲ではありませんでした。

習い事は親がついていかないといけないので、
そこがネックですよね。

剣道に行かせると、意外にはまりました。
息子は何か道具を持たせるとテンションが上がります。
男の子ですかね。

ですから、先生の熱心な勧誘もあり、
その日のうちに入会し、竹刀を貸してもらい、
袴なども貸してもらえました。

防具はもっとうまくなってからですって。

ぎこちない
「めーーん!!」という声が
かわいいです。

年末に、剣道大会というイベントが習っているところの中で行われるそうです。名前のとおり、普段は練習なのですが、この日は試合をして勝ち上がる、といういわゆる本物の剣道。

息子に出る?と聞くと、それを聞いただけで「無理〜」と言ってすごく嫌がるので、こんなんで強くなれるのか?というか続けられるのか?

先が思いやられます。

娘はチアに行っています

子どもの習い事って悩みますよね。

私も習い事に関しては、うるさいですよ。
リサーチもしましたし、体験もさせました。
自分もかなり習い事させてもらいました。

結論からいうと、

親の好みもありつつ、一番は子どもがやりたいもの

です。

当たり前なんですけど、なかなか
親は自分のやらせたいものをやらせようとするんですよね。

しかし、結局子どもがやる気を出したり、面白い・楽しいと
思わないとだめなんですね。続きません。

それで、私は下の子が4歳のときに、
幼稚園でならったお遊戯をよくやっているのに気づいて、
踊り系をやらせようと思ったわけです。

踊り系では代表例はバレエですね。
しかし、調べた結果、かなり親が関与する必要があるのと、
お金が高いということがあります。

親が関与とは、送り迎えもそうですが、発表会の衣装を作る!?
なんてことがあるみたいで、
絶対パスです。

お金も、発表会がなければそうでもないかもしれませんが、
何しろ会場代の負担・衣装を買う場合は衣装代。

あと、バレエ自体に私があまり興味ない。。。

親が興味ないとつらいです。
興味ないといえば、ヒップホップもあんまり
子どもが踊ってるのをみたくないなと。

私が一方で重視しているのは、柔軟性です。
私はかちこちなので、子どもには苦労しないうちに
柔軟性を保っていてほしいと思います。

というわけで、チアに決まりました。
チアはいいですよ。子どもがノリノリなのは本当に楽です。

続きはまた。

三人兄弟 VS一人っ子VS妹 対決を見つつ、話題は育児・介護・仕事問題へ。

昨日は、2年弱ぶりに中高時代のお友達のおうちにお呼ばれしました。

伺ったお宅は、小学校高学年のお姉さん、幼稚園年長の男の子、年少の一番下の女の子の3人の子供達です。一緒に行ったお友達のところは、年長の男の子、うちは小2の兄のいる年中の女の子です。

全部で5人の子どもは本当に賑やかですね。。。

二階にプラレールをしに上がってしまうと、本当に静かなもんです。

私も一人っ子なので、生まれた順とか家族構成による性格の違いについて、勝手に想像して楽しむタイプです。

3人兄弟でも男と女の生まれた順によっても本当に違うと思うのですが、そこのお宅は女・男・女。一番上は男女ともに好かれるサバサバしてるけど、気がきく優しいタイプ。2番目は女にはさまれて、女の気持ちがよく分かる、橋渡し的な存在で、純粋に癒されます。3番目はやりたい放題(そうさせたいわけではなく、注意はしているけれど)ママは悪い子ね!とか3歳で言ってたので、びっくり。

ちなみにお母さんは一番下の子が幼稚園に入ったタイミングで少し仕事を始めたそうです。だから、今まではずっと専業だったお母さんが、急に夕方帰ってくるようになったり、家事に忙しかったりで、多少は影響あるんでしょうが、1番上のお姉さんがよく気のつく子でママをサポートしています。

かといって、ママが1番上のお姉さんを頼りきっているわけではなく、小さい子が遊ぼうときてもお姉さんが動かない様子を見て、ちょっとお休みね、と声をかけてあげるあたり、3人全員にまんべんなく愛情をあげてるんだな〜と感心しました。

一緒にいったお友達の一人っ子の男の子は、ママがフルタイムで忙しいせいだと思いますが、ママの気をひく言葉をよく使っていました。とはいえ、マイナス言葉で注意されます。うちの息子もよく、そんなことを叫んでいたら、警察がとんでくるよ、という物騒な言葉を使っていますが、そんな感じです。そのママも、そんなこと言うならもう帰るよ、と何回も言うのですが、あまり効果はありません。

そんな彼は、プラレール一人で遊ぶから、みんな、来ないでね!と何回かいって二階に行ってしまいましたが、後から、一緒にプラレールしよう!と誘いに来たのには、短い時間でも彼に変化が現れたのが見れて、よかったなーと思いました。

家でも、よく見てみて、今忙しいから見れない、という会話がされているようですが、私もよく母にねーねー見てーと呼びつけて、なかなか見てもらうのに苦労したような記憶があります。

私は、うちではママ見てと言われたときは、何か途中でも2回目には必ず行くようにしています。1回目から2回目は間髪おかず言われますが、一回目では〜いと言って、なんとか3回目に言われる前に行くという気持ちです。

子どものそのときの思いを聞いてあげたいと思うのです。たぶん何回か言っているうちに、その気持ちは変わってきて、なんで聞いてくれないの!という怒りにもにた感情になるでしょうし、その頃にはその純粋にママに話したいという気持ちはなくなって、永遠に同じ気持ちは訪れないでしょう。

というわけで、それだけは心がけています。もちろん、◯◯してるから待ってねということもありますが。

ちなみにうちの娘は泣き虫の兄に対して、強気です。そしておせっかい、というか上から目線。。でも気がつく一面もあります。こちらのいうことも兄よりもすんなり聞きます。兄に力で負けてしまうので、気持ちの切り替えが早いということもあります。

今回は伺ったお宅の1番下の子とよくおままごとをして遊んでいました。自然発生的に、何回も二人で遊んでいたので、気があったようです。

初めて会う子と、おままごとをして、それでもう仲良くなれるなんて、子どもって本当に素晴らしいなーと思います。大人なら、言葉遣いもあるし、なかなか打ち解けるのに時間がかかるのに。

さ〜うちの小2のお兄ちゃん、今キャンプに行っています。社会性が試されるときです。どんなことになっているのかな。

話は戻り、大人は仕事や育児・介護の話。今まで介護の話を友達どうしで話題にしたことはなかったので、いよいよこの話か〜という気持ちになりました。私も実は訪問の仕事を少し前から始めていまして、ちょっとは状況わかります。

これからは、育児・介護・仕事と3つの問題に追われる世代なんですね。いまのうちに、心だけでも準備したいと思いました。

親子ともども有意義な日曜日になりました。

 

沖縄無人島キャンプより息子無事に帰還

無人島といっても、サバイバルというわけではありません。大自然にふれさせたり、社会性を育てたり、一週間のキャンプ生活のなかで、日常では体験できないものを得られると確信して、小2の息子を行かせました。

本人も乗り気だったのでよかったのですが、羽田空港に集まって顔合わせをしたとき、恥ずかしがって挨拶ができない息子をみて、早すぎたか?!と不安も感じました。

速報で送られてくる写真をみても、笑ってる写真も一緒に遊んでいる写真もなく、しばらくして野球を一緒にやっている写真、最後のほうに笑ってる写真が出てくるまでは、本当に心配していました。

ライオンが子どもを谷に突き落とすように、やってみたけど、つらい毎日を送っているのかな?うまく馴染めないのかな?と。でも、もうこちらとしては待つしかありません。このキャンプが楽しい思い出にならないとしても、私がまずこのキャンプに望んだ『自信をつけさせたい経験』としては、これでよかったと確信しています。一年後にもう一回行く?と聞いてどんな返事が返ってくるか、とりあえずどのようにこの体験が彼のなかで消化されるのか、待ちたいと思います。

朝焼けとともに起きて、自然のなかでひたすら遊んで、星空を見て、そんな記憶がかすかでも彼のなかに残れば。。。

実際には、9回高い壁から海にダイブさせられて怖かった、とか9回怒られたとか言っていましたが、彼の評価としては、このキャンプは5段階評価で3だそうです。

最低!といって帰ってくることも想定していたので、そんな中ではよかったと思います。友達もできたのか気になりましたが、彼の口からでてきた名前は、なんと、中学3年のお兄さんたちでした。かわいい、といってかわいがってくれたそうです。そんなお兄さんたちと写真で野球にいれてもらって走っている写真は、私が一番ほっとした写真でした。1年生のときにちょこっと野球部に入っていたこともよかった、、当時は参加させるのが本当にきつかったですが。

何事もどこかでつながっているものですね。とりあえず、現代っ子は、空港で祖母にもってきてもらった雑誌を読みふけっておりました。

また帰りの那覇空港でおこづかいでお土産を買ったときに、家族のみんなにお菓子、妹には卵から亀が生まれるおもちゃを買ってきたのも、微笑ましかったです。卵から恐竜が生まれるおもちゃを欲しがっていて、私が却下したことを思い出したのでしょう。そして、『ウミガメの赤ちゃんが浜にでていったあと』を見たのもつながっているのかもしれません。

ひとまず、無事でほっとしました。さあ、このあとの夏休みをどう過ごすか。またチャンスがあれば、近場でもキャンプに参加させようと思います。(私がキャンプできないため。。。)