個人事業主になるには〜副業ですけど、節税したいし。


会社はやめて、いよいよ個人事業主になる決意を固めました。会社にくらべて、お金もかからないし、行くところも税務署のみでいいということで、かなり簡単です。

私の場合、医療系の学会や学会の年会費を経費で落としたいという願望と、健康保険の保険料を安くして、年金をもう少し頼れる額に近づけたい(今更言えないことが前回判明)という希望が、事業を開始することで叶えられます。

もうずっと複数の勤務先を持つパートタイマーなので確定申告をしていました。それと住宅ローンがある身ということもあり。

確定申告を初めてしたときはなかなか大変だったけれど、もう何年もしていると税金の決め方ってこうなっているのか〜とわかってきました。しかし、私が住宅を購入した年が悪かったのか、住宅ローン控除は所得税にしか適用されず、住民税は高いままでした。これも確定申告をしてしばらく経ったときに気づきました。役所に電話したら、その年は控除できないんですよ〜と言われてしまい、がっかり。それは諦めますけれど、住宅ローン控除があと2年で終わるということにふと気づいて、このままだと、健康保険と税金、どうなるんだ!!?と心配になってきました。

 

そして自分でも、いいタイミングで事業を始めることに気づいたなと思いました。(自画自賛)今まで、事業といってもなにも思いつかなかったのですが、色々本を読み漁って(図書館の蔵書最高!)自分の経験がビジネスになるとか、トレンドにのるネットビジネスだとか、目にとまりました。

お店を構えることもないので、大きい赤字を背負うこともないし、とにかく何か事業所得(本業の給与所得)を得て、青色申告の控除だとか、小規模企業共済に入って退職金を作ろうとかがメインで考えていました。

友人の税理士に相談したところ、本業の経費を事業の経費として落とすのは難しいようで、アドバイスをくれました。私が事業の内容として一番に考えていた医療や教育のコンサル・セミナー・講演(今はそんな大それたこと考えられませんが)をうまく結びつけるには、そういった分野の評論・研究という言葉を入れて関連性を出すと、事業の経費として問題視されなくなる可能性が高いということでした。

実際それで利益を出すにはどんな遠い道のりなのか、と思いますが、とりあえずは初心者でも可能という文字が見えたネットビジネスに飛び込むことにしました。

まずはgmailのアカウントですが、ばか正直に自分の名前を入れていたら、結構それがIDになってしまうサイトなどがあって、もう一つのアカウントをとりました。実は今色々なところでこんがらがっています。早くすっきりとさせなければ。

とりあえず、個人事業の開業届出書と所得税の青色申告承認申請書を持って行きました。書き方はネットで探して簡単でした。事業の概要を幅広く将来的にやりたいことも含めて書くというところが、ちょっと手間取りました。持って行くとすぐにハンコを押してくれて終了です。あっけない。

帰りに税務署で青色申告関係の書類をもらいまくりました。12月の決算の前までには、経理をなんとかしなければ。

ちなみに開業した日はさかのぼって一ヶ月まで、ということで私は経費が発生した前日と考えたら、偶然、救急の日(9月9日)でした。

Please Enter Your Facebook App ID. Required for FB Comments. Click here for FB Comments Settings page

This Post Has Been Viewed 11 Times

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です